政治・ビジネス

栗栖良依の経歴・学歴は?病気を乗り越えたメンタルが凄すぎ!

東京五輪パラリンピックの開閉会式を演出するクリエイティブプロデューサーの1人である栗栖良依さん。

2020年末に野村萬斎さんが統括から外れ、元電通のクリエイター佐々木宏さんを新たな統括として迎えたものの、渡辺直美さんを豚とするオリンピック開会式案を送信して炎上、またしても辞任に追い込まれました。

そんな激動の五輪のクリエイティブチームで活躍している栗栖良依さんですが、「栗栖良依の経歴や学歴は?」と気になる方も多いのではないでしょうか?

また栗栖良依さんは脚が悪いようですが、原因は病気なのか何だったのかも気になります。

▼今回まとめた内容はこちら▼

  • 栗栖良依の学歴・経歴は?
  • 病気を乗り越えたメンタルが凄すぎ!

それでは早速本題に入って行きましょう!

栗栖良依の経歴・学歴は?

栗栖良依のプロフィール

栗栖良依

栗栖良依のプロフィール

  • 名前:栗栖良依(くりす よしえ)
  • 生年月日:1977年生まれ
  • 出身地:東京都
  • 職業:特定NPO法人スローレーベル代表
  • SNS:Facebook , Instagram, Twitter

栗栖良依の経歴は?

7歳のころから創作ダンスを習い、幼少期から世界平和に貢献する活動に関心を持っていたそうです。

高校1年生の冬、リレハンメル冬季五輪の開会式をテレビで見て「五輪の開閉会式を自分で作りたい!」と思い、所属していたバスケットボール部とは別に仲間で年3,4回、舞台作品を作り、校内で発表していました。

「平和に貢献する仕事がしたい」と進路を考え始めていた頃に出会ったのが「平和の祭典」である五輪の開会式だそうで、まさに思い描いていた仕事を見つけた瞬間だったそうです。

2014年には現代アートの国際展ヨコハマ・パラトリエンナーレを立ちあげ、総合ディレクターに就任しています。

2016年のリオデジャネイロ パラリンピックの旗引き継ぎ式ではステージアドバイザーを勤め、2017年には東京2020開会式・閉会式4式典総合プランニングチームメンバーに選出されました。

栗栖良依の学歴は?

栗栖良依さんの学歴は、大学以降は明らかになっているのでご紹介させて頂きます。

東京造形大学

東京造形大学は1954年に設立された私立大学で、偏差値はは37.5~45.0と高くは有りませんが、東京五美大(多摩美術大学、武蔵野美術大学、東京造形大学、女子美術大学、日本大学藝術学部)の1つで、日本で初めて「造詣」という名称を冠した大学です。

栗栖良依は大学ではアートマネジメントを専攻

五輪の開閉会式に携わることを夢見ていた栗栖良依さんは、セレモニーは一番スケールの大きいアートと考えて、大学ではアートマネジメントを専攻したそうです。

在学中から大手イベント会社に所属し、バレーボールなどの国際大会や各種文化イベントでアルバイトとして運営や舞台制作の実務を学び、1998年長野冬季五輪ではボランティアで選手村内の式典交流班として運営に携わったそうです。

栗栖良依と同じ東京造形大学出身の有名人と言えば…

  • 野老朝雄 『東京五輪パラリンピックのエンブレム』など
  • 矢口史靖 『ウォーターボーイズ』など

東京五輪のエンブレムは当初色々問題もありましたが、騒動後新しくロゴを作ったのが野老朝雄さんですね。

栗栖良依の出身大学を地図で確認

〒192-0992 東京都八王子市宇津貫町1556

栗栖良依の出身大学院は?

栗栖良依さんは、大学卒業後、欧州の大学院に進学しています。

ドムスアカデミー(Domus Academy)

2006年はイタリアのトリノで冬季五輪パラリンピックが開催されていますので、栗栖良依さんはその勉強も兼ねてイタリアに留学されたのかも知れませんね。

栗栖良依は大学院ではビジネスデザイン修士号を取得

ドムスアカデミーはミラノにある超一流デザイン専門の大学院で、経験者を対象にした1年間のマスターコースを受講されたようです。

授業はイタリア語では無く英語らしいので、栗栖良依さんも英語はペラペラのはずですね。

ドムスアカデミーではビジネスデザイン修士号を取得し、帰国後は東京都ミラノを拠点に世界各地を旅しながら、各分野の専門家や地域を繋げた商品やイベントをプロデュースしています。

栗栖良依の出身大学院を地図で確認

Via Carlo Darwin, 20, 20143 Milano MI, イタリア

栗栖良依は結婚してて夫や子供はいる?

栗栖良依さんは2021年現在44歳になりますが、結婚はされているのでしょうか?

ご本人は公式には公表していないので、正確な情報は分かりませんでした。

しかしながら、ツイッター投稿を見ていると少なくとも2010年まで「いまだ結婚できない」とつぶやいているので、当時は確実に独身であったことが分かります。

また2010年には『私の結婚の星は今年&来年にあるらしいぞ。未だ気配なし(笑)』と投稿しているので、当時彼氏もいなかった可能性が高そうですね。

また最近の写真を見てみても、指輪などはしておりません。

栗栖良依

またアルゼンチンやカナダなど、日本から遠く離れた国々にかなり頻繁に海外出張などにも出かけているようですので、小さなお子さんがいらっしゃるというのはちょっと考えにくそうです。

また2010年に32歳で病気をされた際には5年生存率は高いとは言えず「あと10年だけ生きたい!」と神様にお願いしたと話していましたので、死ぬ覚悟を持って毎日生きているのではないでしょうか?

そのため、もしかすると「家族を持つ」とは考えず、1日、1日を大切に生きられてるのかも知れませんね。

栗栖良依が病気を乗り越えたメンタルが凄すぎ!

栗栖良依さんは杖をついているようですが、脚が悪いのでしょうか?

栗栖良依

調べてみると、2009年秋頃、栗栖良依さんが32歳の時に、ヨーロッパに3週間出張していたそうですが、滞在期間中からずっと右ひざが痛かったそうです。最初は石畳の上をたくさん歩いたのでそのせいかと思っていたそうですが、帰国後も治らないので病院に行ったそうです。

最初は原因が分からず、膝にヒアルロン酸の注射をしたり、靴を変えたり、針治療をしていたそうですが、なかなか治らずしばらくは原因が分からなかったそうです。

2010年に入り、知人から大きな大学病院を紹介してもらい、レントゲンを撮影したところ、たまたまそのレントゲン画像を見かけた腫瘍の専門医が、悪性腫瘍であるという事を見抜き、急遽手術したそうです。

病名は「悪性線維性組織球腫」という事で、右下肢機能全廃。

しかしながら、栗栖良依さんは夢を諦めずに1年後に社会復帰しています。

病気を乗り越えただけでなく「平和に貢献する仕事がしたい」という思いを捨てずに夢を追いかけるメンタルが凄いですね!

ご自身のYouTubeチャンネルで詳しく当時のことを語っているので、興味のある方は是非ご覧になってください!

まとめ

今回は『栗栖良依の経歴・学歴は?病気を乗り越えたメンタルが凄すぎ!』と題して、栗栖良依さんのプロフィール、経歴・学歴、そして結婚しているのかについて調査させて頂きました。

栗栖良依さんは、高校製の頃から「五輪の開閉会式を自分で作りたい!」と考え、舞台作品なども作られていたそうです。

東京造形大学でアートマネジメントを専攻し、イタリアの大学院ではビジネスデザイン修士号を取得して、自分の夢を叶えるために突き進んできました。

2010年に膝に悪性のガンを発症した後も、ポジティブな思考法でピンチをチャンスに変えてきたようです。

公式には発表されていないものの、恐らくご結婚はされておらず、お子さんもいないと思われます。

これからも栗栖良依さんを応援したいと思います!