歌手・アイドル

山Pが英語ペラペラなのはいつから?キッカケはジャニー社長?【成長の軌跡を時系列で比較】

ジャニーズ事務所を退所した山下智久さんは、ハリウッド映画や海外ドラマなどにも次々と出演する予定になっていて話題になっていますね!

純粋な日本人で帰国子女でもないにも関わらず、ハリウッドから映画出演のオファーが来るなんて、

「山Pっていつから英語がペラペラなの?」

と疑問に思った方もいるのではないでしょうか?

私も気になったので調べてみたら、ネイティブスピーカーも感心するほどの英語力であることが分かりました!

また、海外志向になったキッカケに故ジャニー前社長との超感動的な秘話があることも分かりました!

山Pが英語ペラペラなのはいつから?

山下智久さんが英語がペラペラになったのはいつからなのでしょうか?

まずは現在の英語力を確認してみましょう!

山Pの現在の英語力はどれぐらい?

それでは、さっそく山下智久さんが英語を話しているシーンを見てみましょう!

こちらは2019年に撮影された全編英語のドラマ『THE HEAD』で行われたインタビューの映像です。

いや、メチャクチャ上手いですね!

スピーチとかだとガッツリ準備して練習する時間も有ったりするでしょうが、質問されたことに対して即答しているところを見るとかなりの英語力なのは間違いありません!

海外からの評価はどうなんでしょうか?

山Pの英語力に海外からの評価は?

『THE HEAD』の製作総指揮をされたラン・テレムさんとのインタビューのシーンがありました。

その中でラン・テレム氏と山下智久さんはこのようなやり取りをしています。

山Pの英語力はどれぐらい?
ラン・テレム氏

僕が君に変えてほしくないのは

英語の話し方だね

山下智久さん

いや、もっと努力しようと思ってるよ

ラン・テレム氏

そのままでいいよ!

君の英語は上手だし、君らしいし

完璧だし、理解しやすいし、分かりやすい

ベタ褒めですね!

多少のお世辞の要素も有る入っているかも知れませんが、山下さんの英語を「下手くそ」と思っていたとしたら出てこない言葉です。

山Pの英語力は海外の人も絶賛するほどペラペラだった!

山Pはいつから英語がペラペラになった?時系列比較

そんな山Pですが、純粋な日本人ですので当然最初から英語がペラペラだったわけではありません。

いつから喋れる様になったのでしょうか?

時系列に見てみましょう!

【山Pの英語力】時系列比較その①:『ルート66』(2011年:26歳)

山Pが最初に英語を公の場で話すようになったのは2011年11月3日~18日まで2週間かけてアメリカで収録された『山下智久・ルート66~たった一人のアメリカ~』です。

渡航前の空港で「マネジャーさんもメイクさんもなしで海外に行くのは小学生以来」とちょっと不安そうな表情をしていました。

この頃の英語力はどんなもんなんだったんでしょうか?

タドタドしい英語で、おそらくあんまり自信も無かったのでしょう。

最初しばらくは相手に気づいてもらえませんでしたね…苦笑

でも気が付いてもらえれば問題なくコミュニケーションは取れるレベルでした!

【山Pの英語力】時系列比較その②:『大人のKiss英語』(2014年:29歳)

次に山Pが英語力を披露する場面が訪れたのは、2014年から放送された『大人のKiss英語』です。ルート66から3年の月日が流れ、当時の山Pは29歳ですね。

果たして英語力は向上しているのでしょうか?

この中で山Pはハリウッド映画の大女優アンジェリーナ・ジョリーさんに通訳なしでインタビューをしています。

事前にかなり台本を読んで練習をしていますが、アンジーさんにも問題なく伝わっています!

メチャクチャ緊張しているようですが、それは恐らく相手が大物過ぎだったからですね(苦笑)この3年間でかなり英語力が向上したのではないでしょうか?

【山Pの英語力】時系列比較その③:『山Pのkiss英語』(2015年:30歳)

30代に入ってから山Pの英語力はどうでしょうか?2015年に放送された『山PのKiss英語』では子供の世話を英語でする山Pの姿が!

子供はこちらが理解していなくてもゆっくり喋ったりしてくれないので、意外と難しいはずですが、全く問題なくコミュニケーションが取れてますね!

喋り方も自信が出てきていて、かなり流ちょうになってきています

山Pの英語力は確実に上達しているようです!

【山Pの英語力】時系列比較その④:『サイバー・ミッション』(2018年:33歳)

山下智久さんは33歳の時には香港で英語の映画にも挑戦しています。

いつもはスターの役どころが多い山Pですが、今回は悪役という事で、英語でインタビューを受けている映像が有りましたのでどーぞ。

リスニングはパーフェクトなんじゃないでしょうか?

スピーキングはちょっとネイティブに比べればゆっくりな気もしますが、山Pは元々日本語でもゆっくりなイメージなので、ほぼ言いたいことが表現できるようになっている感じがしますね!

【山Pの英語力】時系列比較その⑤:『THE HEAD』(2019年:34歳)

34歳になった山Pはとうとう全編英語の海外ドラマ『THE HEAD』に出演しています。

3か月にもわたる撮影期間中、マネジャーもいないで一人で世界中から集まった監督や他の出演者と一緒になって「まるで家族のようだった」と答えていますね。

司会者からの質問に自分の感想や意見などがスムーズに発言出来ていて、かなり上達していますね!

人前でしゃべっているので、緊張したかも知れませんが、ネイティブとのコミュニケーションも全く問題ないレベルになっています!

この映画ではエンディング曲『Night Cold』も歌っていますね。

サビの部分はあえて日本語で歌っているそうです。

【山Pの英語力】時系列比較その⑥:『The Man from Toronto』(2021年:36歳)

そして2021年にはハリウッド映画『The Man from Toronto』に出演することが決定していますね!

山Pにとって初のハリウッド映画という事もあり、期待されていますので、また情報が入り次第、こちらも更新させて頂きたいと思います。

山Pが海外志向を持ったキッカケが感動的

現在は「英語が堪能」という確固たる地位を確立した山P。

「2020年英語が上手いと思う芸能人ランキング」を見てみても、

ハリウッドの大先輩である渡辺謙さんや、アメリカ育ちの新田真剣佑さんを抑えて堂々の1位を取っています。

しかしながら、ここまで英語がペラペラになれたキッカケは何だったんでしょうか?

海外に興味を持ったキッカケは故ジャニー前社長

ジャニーさんが亡くなられた2019年7月9日の翌10日に山Pはインスタに感謝のメッセージを投稿しています。

偉大なる世界一のプロデューサーへ。
溢れる愛情をありがとうございました。
少年時代。夏休み1ヶ月間、アメリカに連れて行ってくれた事、初めてみた景色、人、ファッション、音楽、全てが新しくて、今でも鮮明に覚えています。
毎朝僕らをプールで遊ばせてくれて、お腹が空いたらステーキ焼いてくれて、夜は色んなエンターテイメントのショーに連れて行ってくれた事、凄く楽しかった。
子供で頭が柔らかい時に沢山ホンモノを見なさい。そして、いつかポケットに手を突っ込んでただ歌ってるだけで
お客さんを喜ばせられるようなスターになりなさい。
そう言って貰えた事忘れていません。まだまだ未熟だけど、もっともっと沢山の人を喜ばせる事が出来るような人になれるよう、
ジャニーさんに教えてもらった事、忘れずに、より一層頑張って行きます。ずっと気付かなかったけど、子供時代に色んな世界を見せてくれた事、教えてくれた事、全てが今の僕の源です。僕の人生、僕の家族、僕の大切なファンのみんな。ジャニーさんのおかげで幸せです。まだまだ新しい世界を追い求めていきます。ゆっくり休んで下さい。

僕らの人生のプロデューサーが皆さんに忘れないでいてもらえるように願っています。

海外に興味を持った理由の1つとしては、ジャニーさんの影響がものすごく大きかったんですね!

ジャニーズ事務所を退所し、ハリウッド映画へのチャンスを得た今でもジャニーさんには感謝をしているに違いありません。

それでは、海外志向を持った山Pはいつから英語の勉強を始めたんでしょうか?

山下が英語の勉強を始めたキッカケは?

妹の英語家庭教師

それでは山Pはいつ英語の勉強の始めたのでしょうか?

妹の英語家庭教師

本人は過去に「妹の山下莉奈さんの英語の家庭教師がネイティブスピーカーだったのがキッカケ」という様な発言をしています。

やはり実際に英語を話す機会が増えると勉強するモチベーションも湧きますよね!

高校時代からの山Pの友人城田優

高校時代からの山Pの友人城田優

高校時代はハーフ俳優の城田優さんと同じ堀越高校で、英語の勉強を教えてもらったりしたこともあったそうです。

もしかすると英語の勉強のために城田さんとは英語で会話したりとかもあったかも知れませんね。

ジャニーズ時代からの親友の赤西仁の影響?

ジャニーズ時代からの親友の赤西仁の影響?

ジャニーズ時代からの親友で、現在は事務所を退所してアメリカで活躍している赤西仁さんの影響も大きかったという話もありますね。

もしかすると若い頃から「将来はハリウッド!」と夢を語り合っていた可能性もありますね。

山Pが英語ペラペラなのはいつから?まとめ

山Pの英語力は?まとめ

いまではハリウッド映画からオファーが来るまでになった山Pですが、最初から英語がペラペラだったワケではありませんでした。

約10年前の映像を遡って見てみるとかなりタドタドしく、それでも少しずつ上達して今ではネイティブからも称賛されるほどのレベルになっています。

海外志向を持ったきっかけは、小学生の頃に故ジャニー前社長にアメリカに連れて行ってもらい、いろんな文化に触れることが出来たことが大きいようです。

また妹さんの家庭教師や、高校時代の城田優さんとの出会い、ジャニーズ時代からの赤西仁さんとの交流なども現在の山下智久さんの海外での活躍の礎になっていると思われます。

これからも山下智久さんの活躍を応援したいと思います!