政治・ビジネス

【丸川珠代の家族構成】夫も議員で経歴や評判は?息子の学校が慶應で同級生がセレブ!

東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会担当大臣に就任した丸川珠代さん

丸川珠代さんは、東大卒で元テレビ朝日のアナウンサー。『ビートたけしのTVタックル』や『ロンドンハーツ』などの人気番組に出演されていました。

東大卒、元女子アナ、そして今は政界でバリバリと仕事をされている姿を見て、

「丸川珠代さんはどんな家族構成をしているんだろう?」

と気になる方も多いと思いますので、丸川珠代さんの家族構成についてまとめさせて頂きました。

丸川珠代は夫と息子の3人家族

丸川珠代さんの家族構成は、夫と1人息子の3人家族です。

丸川珠代さんは、2008年6月に自民党所属の衆議院議員の大塚拓さんと結婚をしています。

結婚当時のお二人の年齢は、丸川珠代さんが37歳、大塚拓さんが35歳なので姉さん女房になりますね。

丸川珠代の夫・大塚拓

出会いは丸川珠代さんの選挙活動に大塚拓さんが応援に来てくれたことがキッカケらしく、大塚拓さんの一目ぼれだったそうです。

当時の「結婚報告動画」が見つかりましたので、ご紹介させて頂きます。

丸川珠代さんは「さすが元女子アナ」という感じのしゃべりっぷりですが、夫の大塚拓さんは緊張しているようですね。お二人の仲間睦まじい感じ伝わってくる貴重な映像です。

丸川珠代さんは東大卒のエリートですが、その夫にふさわしく大塚拓さんもとんでもないキラキラした経歴の持ち主です。ちょっと見てみましょう。

丸川珠代は夫も議員で経歴や評判は?

丸川珠代の夫・大塚拓

大塚拓のプロフィール

  • 名前:大塚拓(おおつか たく)
  • 出身地:東京都
  • 生年月日:1973年6月14日
  • 血液型:A型
  • 所属政党:自由民主党(細田派)

大塚拓さんはあの学生時代は誰もが履いたことがあるあの「大塚製靴」のお坊ちゃまです。

丸川珠代の夫・大塚拓の経歴は?

大塚拓さんの経歴は、小学校~大学までエスカレーターで慶應。

その後の経歴はご覧の通りです。

1997年3月慶應義塾大学法学部政治学科卒業

1997年4月株式会社東京三菱銀行(現:株式会社三菱東京UFJ銀行)入行

2003年3月渡米のため同行退職

2003年9月ハーバード大学ケネディ行政大学院公共政策修士プログラム入学

2005年6月同大学院 公共政策修士号(国際貿易・金融専攻)を取得

2005年同年9月第44回衆議院議員総選挙当選

2019年9月内閣府副大臣

2020年10月自由民主党国防部会長(現職)

慶応・メガバンク・ハーバード・国会議員と合コンに行ったらめちゃくちゃモテそうなパワーワードがずらっと揃ってますねw

まさに丸川珠代さんに相応しい夫と言えるのかも知れません。

丸川珠代の夫・大塚拓の評判は?

【丸川珠代の家族構成】丸川珠代の夫の大塚拓

丸川珠代さんの夫の大塚拓さんに関する評判についてネット上の声を見てみると、「賢い」というイメージを持っている方が多いようです。

しかしながら一方で、過去には問題発言もしているようです。

大塚氏は「関係者以外で学術会議を良く言う人に出会ったことがない。皆さんかなりボロカスに言う。『あんな会議なくしてしまえ』と」と発言した。会議の活動に対する自身の認識として「質が非常に低いのではないか」とも述べた。 

大塚氏の発言について、野党側筆頭理事の立憲民主党の辻元清美氏は「根拠なく発言するには度を越えている」と問題視した。

引用元:東京新聞

この他にも2012年には採決の真っ最中にブログを更新して炎上。

「翌日に埼玉9区の支部長を務める大塚が、ブログで『採決の真っ最中に生まれ、宿命のようなものを感じる』『胸を張ってバトンを渡せる国を創らなければ』と報告した。この日は、小沢元代表らの離党に与野党執行部が震え上がっていた日。それで、『夫婦揃って政局そっちのけか』との批判が噴出したのです」

引用元:Livedoor News

待望のお子さんで嬉しかったのは理解できますが、国会議員としての立場を考えるとタイミングをわきまえた方が良かったのかも知れませんね。

丸川珠代は夫も議員で世帯年収がエグイ!

丸川珠代の選挙写真

下世話な話ですが、夫婦二人揃って国会議員って丸川珠代さんの世帯年収はいくらなんでしょうか?

国会議員の年収について調べてみると…

<国会議員>
国会議員の給料は「歳費」と呼ばれ、法律で決められています。議長などの役職についていない一般の国会議員の「歳費月額」は、130万1000円です。
また、ボーナスにあたる「期末手当」が年2回支払われ、年収は2000万円以上となります。
そのほか、公的文書の発送費や電話代、交通費のための「文書通信交通滞在費」が月額100万円、立法に関する調査研究活動のための「立法事務費」が月額65万円支給されます。
これらを加えると、年間の合計は約4000万円以上となります。さらに、運賃などが無料になるJR特殊乗車券、国内定期航空券などが交付されます。
また、国会議員は秘書を3人まで公費で雇うことができ、「秘書雇用手当」として年間約2500万円支給されます。

引用元:スタディサプリ

使えるお金が年間4,000万円以上!

単純に考えるとこれが2人なので、世帯で年間に使えるお金がは8,000万円!?

さらに丸川珠代さんは、東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会担当大臣になので「歳費月額」は役職についていない一般の国会議員の130万円⇒146万円に大幅アップになるようです。

これは相当セレブな生活をされているのではないでしょうか?

丸川珠代の自宅はどこ?

丸川珠代さんの自宅はセレブの代名詞でもある「白金」の高級マンションの様です。

実際、領収証に記された届け先を見ると、店から近い港区白金のマンションの一室。丸川氏の自宅と一致する。つまり、彼女は自宅購読の日経を政治資金で賄っているワケなのだ。

引用元:デイリー新潮

選挙結果の記録を見てみると、丸川珠代さんの自宅の住所が部屋番号までしっかり掲載されていました。

当サイトで公表することは差し控えますが、マンションはどうやら白金の高級ヴィンテージマンションの様ですね。

丸川珠代は不妊治療を経て41歳で子供を出産

【丸川珠代の家族構成】不妊治療を経て41歳で子供を出産

結婚した当時の報道では、子供は最低でも2、3人欲しいと言っていた丸川珠代さんと夫の大塚拓さん。

報道陣から「子供は何人欲しいですか?」との質問に丸川議員は「私も子供を産んで、生みの苦しみ、喜びを知った上で国会議員として働きながら子育てをしている女性をサポートしたい。最低でも2人は欲しいですね」と笑顔で語ると、大塚議員は「いや、3人って言っておこうよ」と仲むつまじい掛け合いを披露し、幸せを振りまいていた。

引用元:ORICON NEWS

しかしながら、丸川珠代さんはなかなかお子さんを授かることが出来ず、不妊治療を受けていたそうです。

 関係者によると、丸川氏の妊娠が分かったのは「1月半ほど前」。丸川氏は今年初夏から、産婦人科に通い、不妊治療を受けていた。現在は15週目で、予定日は来年6月16日。大塚氏と挙式した、4年後の同じ日に、子宝に恵まれる予定となった。

引用元:http://blog.livedoor.jp/medibridges/archives/4056452.html

そしてこちらが待望の赤ちゃんとの写真です。

丸川珠代の家族

丸川珠代さんは政治家としては「少子高齢化社会」に対して、どうやって立ち向かうか?ということをスローガンの1つに掲げていらっしゃいますので、お子さんの出産は待望だったのではないでしょうか?

丸川珠代は息子の学校が慶應で同級生がセレブ!

丸川珠代さんの息子は8歳で、現在「慶應幼稚舎」に通っています。

父親の大塚拓さんと同じお坊ちゃま御用達の「名門小学校」ですね。

慶應幼稚舎

こちらは東尾理子さんについて2019年4月に書かれたNEWSポストセブンの記事。

寺島、丸川と“ママ友”となる理子はレインコートに、レインブーツと雨対策バッチリの格好で長男・理汰郎くんとともに登校。脅威の仕切り力でバラバラになっていた石田家をひとつにまとめあげた孟母らしく、寺島、丸川らを従えて“ママ友”派閥争いに参戦!?

引用元:NEWSポストセブン

寺島しのぶさん、そして東尾理子さんの同級生に丸川珠代さんのお子さん…。

ちなみに元巨人の高橋由伸さんのお子様も同級生の様です。とんでもなくセレブな同級生ですね。

丸川珠代と夫・大塚拓は仮面夫婦?

丸川珠代さんと夫の大塚拓さんの夫婦仲はどうなんでしょうか?

どうやら「冷え切っている」「仮面夫婦」みたいな噂が絶えないようです。

丸川珠代と夫・大塚拓は仮面夫婦?その①:『夫が頼りない』

どうやら姉さん女房の丸川珠代さんからすると、旦那さんがちょっと頼りなく見えるようです。こちらは2012年の記事。

大塚元議員は靴メーカーの創業者一族の御曹司だが、この”年下夫”が彼女にとってはどうも頼りなく見えるらしい。夫の会合や演説には、よく同席するが……。

「なにしろ元アナウンサーですからトークが上手。そのため、大塚元議員の演説では満足できずに、途中で横からマイクを奪い取って自分でしゃべり始めてしまうこともあります。周囲には『夫と自民党を救うのは私です!』と怪気炎をあげていますよ」(後援会関係者)

引用元:Livedoor NEWS

冒頭の動画でも丸川珠代さんの方がリードしている感じが見て取れますよね。

でも夫の大塚拓さんはこれまでの経歴を見てわかる通り、キラキラしたキャリアをお持ちなので、立てて欲しいのかも知れませんね。

丸川珠代と夫・大塚拓は仮面夫婦?その②:『夫とは最近口きいてない』

こちらは2016年のデイリー新潮の記事です。

「丸川さんも挨拶に立ちました。その際“本日はありがとうございます”と言ったのはよいものの、続けて“夫が今何をやっているのか、最近しゃべっていないのでわかりませんが……”と前置きして“よろしくお願いします”と。会場は大爆笑、大塚議員も苦笑いでしたが、あれは冗談じゃなく事実。2人の本当の関係を知っている身としては、ちっとも笑えませんでしたね

引用元:デイリー新潮

当時、丸川珠代さん夫婦は結婚して9年目、長男は5歳になっていました。

子供が一番かわいくてもうすぐ小学校に上がろうというタイミングで夫婦間の会話が無いのが本当だったとしたら、かなり深刻な話ですね。

「2人の仲は完全に冷え切っていますよ」

と言うのは、先の関係者。

「身内しかいない場では、2人はほとんど口を利かない。正確には大塚さんがしゃべるばかりで丸川さんからは、なし。ですからお互いのスケジュールも知らず、事務所同士がやり取りをして調整しているのです」

引用元:デイリー新潮

これはどうやら本当に二人の仲が冷え切っているようですね。

丸川珠代と夫・大塚拓は仮面夫婦?その③:『夫が他の女性とイチャイチャ』

以前、大塚さんが他の女性とイチャイチャしているところを偶然目撃したことがあったそうで、“信じられない”と言っていた。そうした不信が積もり積もって子育てを機に爆発し、冷たい関係に繋がっているのでしょう」

引用元:デイリー新潮

こちらも2016年のデイリー新潮の記事です。確かに子育てが大変なタイミングで、夫が他の女性とイチャイチャしているところを目撃してしまったら丸川珠代さんとしたら我慢ならないでしょうね。

丸川珠代と夫・大塚拓が仮面夫婦の理由は?

理由は何なんでしょうか?

「キッカケは子育てです」

 と、夫婦共通の知人。

「2人の住まいは東京・白金のマンション。東京選挙区の丸川さんがここに住んでいるのに対し、大塚さんの拠点は埼玉の入間市。選挙に強くない大塚さんは、週末はもちろん、平日もそちらに泊まることが多く、4歳の息子の子育ては丸川さん任せになるのです。ただでさえ忙しい彼女のイライラは増し、“2人目は無理”“夫といつまで続くのか”“このままで良いのか”とこぼしていました」

引用元:デイリー新潮

確かに白金から埼玉だったら通えない距離ではありませんよね。

小さなお子さんがいて、さらに奥様の丸川珠代さんも国会議員であることを考えれば、無理をしてでも自宅に帰ろうと考えそうなものですが…。

丸川珠代は夫も議員で子育てが大変?

丸川珠代の子ども

丸川珠代さんは、夫も議員という立場で忙しいため子育てがかなり大変なようです。

私も最初「どうなるか」と思ったんですけど、「どうにかなりました」と。そうとしか言いようがないです。特に息子が幼稚園の頃、環境大臣、オリパラ大臣と大臣を2年近くやったので。本人も保育園から幼稚園に移るという、異世界に入ったようなもので混乱していたし、私は私で今まで経験したことのないプレッシャーにさらされて、いっぱいいっぱいだったし……。よくどうにもならないで、無事にやりきれたなと思いました。夫婦それぞれの母にお世話になっているし、シッターさん、保育園の先生、幼稚園の先生、本当にいろんな人のお世話になってどうにか小学校入学まで来たという感じです。

引用元:ENTAME next

国会議員は相当な激務でしょうし、それが大臣ともなれば子育ての両立が難しい事は想像に難くないですよね。

「ハードな選挙活動でクタクタに疲れている大塚元議員ですが、帰宅後も丸川議員からの”指令”で、赤ちゃんのおむつを替えたり、お風呂に入れたりしているそうです。彼は『家に帰っても少しも休まらないよ……』としきりにボヤいています」(前出・自民党関係者)

そして大塚元議員が子供を寝かしつけた後は、丸川議員から「今日の演説はここが悪かったわよ!」と、深夜にまで及ぶ演説の厳しい個人指導が始まるという。もし当選しても、大塚元議員には妻の厳しい指令が続くに違いない。 

引用元:Livedoor NEWS

丸川珠代のプロフィール

丸川珠代

丸川珠代のプロフィール

  • 名前:丸川珠代(まるかわ たまよ)
  • 生年月日:1971年1月19日
  • 出身地:兵庫県神戸市
  • 前職:テレビ朝日アナウンサー
  • 現職:参議院委員、国務大臣

丸川珠代さんは6歳の時にご両親が離婚されてい手母子家庭で育っています。

父親は丸川征四郎さんで、救命医療のプロフェッショナルとして著名な方です。

【丸川珠代の家族構成】丸川珠代の父親・丸川征四郎

2005年、多数の死傷者を出したJR福知山線の脱線事故の際、最も多くの負傷者が運び込まれた兵庫医科大学病院の救命救急センターのセンター長を父親の丸川征四郎さんが務めており、TVで放送された記者会見に登場。

丸川珠代さんは当時テレビ朝日の情報番組のスタッフルームで事故の映像をチェックしていて「あ、お父さんだ!」と突然の父親の出演に驚いたそうです。

丸川珠代さんには妹がいることが知られていますが、母親も医者をされているそうです。きっと母子家庭で育ちながら経済的には困っていなかったのではないでしょうか?

これからも丸川珠代さんを応援したいと思います!