MENU
芸人・タレント

G&R‖門りょうの言い訳が酷い!インスタと記者会見時の違いがヤバすぎ【比較動画検証】

12月16日に発表されたGACKT&ROLANDによる女性を「一流」にするための「G&Rプロジェクト」で、発表されてわずか4日で商品がコピーであったことが判明するという不祥事が発生しました。

ROLANDさんが12月20日にツイッター上で迷惑を掛けたことを謝罪をし、続いて、商品販売元であるdazzystoreもコピー商品であることを認めて謝罪に追い込まれました。今後は商品回収をして返金対応をするそうです。

しかしながら、その様な状況下で記者会見時は「ディレクター」という事になっていたはずの「門りょうさん」のおよそ他人事と思われるインスタ投稿に

「門りょうの言い訳がひどい!」と話題になっています。

門りょうさんは、記者会見時はどんな発言をしていて、問題発覚後はどんな発言をしたのでしょうか?

G&Rプロジェクトのパクリ疑惑の経緯をご存じないという方は、コチラから読んでみてください。

G&R‖門りょうの言い訳がひどい!

門りょう

G&Rドレス、デザイン丸パクリやったらしいやってることやばすぎてひくねんけど。

おれのポイントはキャバっぽくないドレスがいいと伝えてこんな感じで出来ましたってデザイナーさんからサンプル写真きて順位つけてって言われて、なーんも知らんかった

(自分が意見した部分スクショ載せときます)

以前から尊敬してたGAKCTさんからのお話やったから一言でオッケーしたけど、GACKTさんももちろん丸パクリサンプルだったとは知らずだったらしい。

有名人無駄使いしてビジネスなめすぎ。やっぱりモンローのように、自分一人で確かなものしかやりません。

デイジーからお金返してもらえるらしいから買った方はお手数ですが問い合わせしてお金返してもらって下さい

私のことを想ってくれたり応援してくれて買ってくれた人に対してこんなことになって本当に申し訳ない気持ちでいっぱい。

二度とこんな事がないように、おれ自身ももっとちゃんと物事見極めてビジネスして行きます。

ファンの皆様ほんとにごめんなさい。

ローランドさんが契約解除したけど、おれはそもそも契約すらしてないので。尊敬する方から自分にオファー頂けたことが嬉しくて、お金も何も求めず、気持ちで受けただけやったから尚更ショック

本当ごめんね。とにかくファンの皆様に申し訳ない気持ちでいっぱい。てかそれしかない。あとはムカつくでしかない。

G&R‖門りょうの言い訳がひどい!

冒頭のROLANDさんの謝罪コメントが「お客様」に対してであると感じるのに対して、門りょうさんの謝罪?言い訳?の一行目から、

門りょう

G&Rドレス、デザイン丸パクリやったらしいやってることやばすぎてひくねんけど。

という発言に関して、大きな違和感を感じた方は多いのではないでしょうか?

さらに、「尚更ショック」と被害者発言。

門りょう

おれはそもそも契約すらしてないので。尊敬する方から自分にオファー頂けたことが嬉しくて、お金も何も求めず、気持ちで受けただけやったから尚更ショック

ディレクターと言っていたはずの門りょうさんは「キャバっぽくないドレスがいい」と伝えただけ。と衝撃の告白。

続けざまに、LINEのスクショも投稿。

G&R‖門りょうの言い訳がひどい!
門りょう

これがダントツ1位で、あとは順番決められないぐらい一緒の感想です

G&R‖門りょうの言い訳がひどい!

自分は順番を決めただけだから今回の不祥事には一切関与してません。

というスタンスですね。

しかしながら、12月16日の記者会見を見てみましょう。

門りょうのG&Rローンチ記者会見での発言は?

門りょう

低価格ながらいいものを取り入れて、自分のこだわりとマッチさせることに苦労しました。それをうまく形にできたかなと思います

門りょうのG&Rローンチ記者会見での発言は?

あれ?苦労話をされていたようですが、実は

「キャバっぽくないドレスがいいって伝えただけ…?」

これはどっちが本当なのでしょうか?

販売元dazzystoreの対応は?

販売元dazzystoreの対応は?
販売元dazzystoreの対応は?

経緯と致しましては、GACKT氏やROLAND氏、門りょう氏から商品、コンセプト、デザインの方向性のオーダーを弊社企画室のデザインチームが応対し、複数の商品の具現化を行う過程の中で、ドレスを担当するデザイナーのひとりがデザイン考案に行き詰まり、既存商品とほぼ同一と思われるデザインを提案してしまった結果、酷似商品が出来上がってしまったという事実が判明致しました。

さらに、12月20日23時55分に再び更新。

門りょう氏のSNS上での発言は全て事実であり、当該ブランド「G&R」プロジェクトに参画していただいたGACKT様、ROLAND様及び門りょう様は、弊社より提案した商品サンプルにご意見を頂いたという経緯であったため、今回のデザインの酷似については知る由もございませんでしたので、三者様に対するあらぬ誤解が生じかねないこととなってしまい、大変ご迷惑をおかけしたこと深く謝罪いたします。

また、当人への攻撃的なコメントや誹謗中傷はお控えいただきますよう、お願い申し上げます。

お客様ならびに関係者の皆様に多大なご心配とご迷惑をおかけしていることを重ねてお詫び申し上げます。

「門りょう氏のSNS上での発言は全て事実」

これは…?

門りょうさんは「キャバっぽくないドレスがいい」と伝え、それに対してdazzystoreのデザイナーが出してきたサンプルに対して順位を付けただけ。

という理解でよろしいでしょうか?

つまり、記者会見での門りょうさんの「苦労しました」エピソードに関しては「嘘」であったとdazzystoreが正式に認めた…?

門りょうの発言にネット上の声は?

そりゃそうですよね。

まずは門りょうさんのディレクションの元で制作されたドレスだと信じて購入したお客様に対して誠心誠意謝罪をすべきであって、冒頭で「G&Rドレス、デザイン丸パクリやったらしい」は無いですよね…。

確かに責任逃れする前に、すべきことがあったのでは…という気がしますね。

ローランドさんが潔かっただけに、余計に差が際立ってしまいましたね…。

門りょうは謝罪動画を投稿もやっぱり言い訳が酷い!

その後、門りょうさんはご自身のYouTubeチャンネル内で謝罪動画をアップ。

今回は尊敬するGACKTさんから声を掛けられて、舞い上がって仕事を受けてしまったものの、今後は「〇〇プロデュース」の様な名前貸しのオファーは一切受けないと発言。

それに対してネット上では

「いや、そういう事じゃなくて。」

「まずは、デザインで苦労したとか嘘ついてゴメンなさいでしょ。」

という声が殺到。

門りょうさんはキャバクラ嬢時代から「嘘をつかない営業スタイル」というのを売りにしていて「彼氏がいるときには客に対しても彼氏がいると言う」と過去に発言され、そのカリスマ的な地位を築き上げたのにも関わらず、あっさり嘘をついていた事が明るみになり、

「いや、メッチャ嘘ついてるじゃん。」

と突っ込まれ放題の謝罪になってしまいました…。