スポーツ選手

【CL】PSGの試合で第4審判の発言は「ネグロ」?審判の名前は誰で顔画像を特定!

12月9日に行われたUEFAチャンピオンズリーグのグループリーグ第6戦のパリサンジェルマン(PSG)対バシャクシェヒルの試合で、第4審判がコーチのウェボに対して人種差別をして試合が中止になった事が話題になっています。

0-0で迎えた20分、ベンチにいたバシャクシェヒルのアシスタントコーチであるピエール・ウェボ氏に対して主審がレッドカードを提示。しかし、ウェボ氏やデンバ・バなどが審判に対して猛抗議。その後、両チームの選手・スタッフがロッカールームに戻り、試合は一時中断となった。  

引用元:ヤフー

果たして第4審判はどんな発言をして、発言したのは誰なんでしょうか?

no title

UEFAは盛大に「人種差別を無くそう!”NO RACISM”」を掲げている団体ですので、審判がその様な発言をしたとなれば大きな問題になりそうです。

【チャンピオンズリーグ】PSGの試合で第4審判は何と言った?

英メディア『ガーディアン』によると、第4審がバシャクシェヒルのアシスタントコーチを務めるウェボ氏に対して人種差別発言をしたという。これに対して激怒したウェボ氏に主審はレッドカードを提示。だが、バシャクシェヒル側は納得いかず、両チームはロッカールームから戻ってこなかった。

引用元:ヤフー

問題の部分…

第4審「カモンネグロ」
ウェボ「ヘイヘイヘイユー!」
第4審「ウェイトウェイトウェイト」
ウェポ「何でネグロって言ったんだ?」
主審がウェボにレッドカード
トルコスタッフ「こいつがネグロと言ったんだ」

“You never say ‘this white guy’, you say: ‘These guys’. So, listen to me, why when you mention a black guy do you have to say ‘this black guy’?”

「あなたは決して”この白人”とは言わない。単に”この人”だ。なのになぜ黒人について言及する時は”この黒人”という言い方をするんですか?」

と言っているようです。つまり、

「なぜ”黒”と肌の色を言う必要があったのか?(白人選手には“白”とはわざわざ言わないだろ?)」と主張しているようです。

“The black one over there. Go and check who he is. The black one over there, it’s not possible to act like that.”(“あそこの黒いのは 誰なのか確認してきて。あそこの黒いのは、そのような行動はできません。”)

引用元:msn.com

WHY SAY “NEGRO”?(なぜNEGROと言ったんだ?)

フランス出身のセネガル人サッカー選手であるデンバ・バ選手も激オコですね。

確かに映像の中ではレフリーが「ルーマニア語ではNegruは差別用語じゃない…」と説明しているのも聞こえるので、もしかすると審判からすれば差別的な意図は無かったのかも知れません。

この発言に選手達は激怒、全選手がロッカールームに戻ってしまい、一時中断の後、結局試合が開催されることは無く中止となってしまいました。

第4審判は顔画像を特定?名前は?

第4審判は誰で顔画像を特定?

映像から発言したと思われるのは、コチラの第4審判の方だと思われます。

第4審判は誰だった?

Fourth Official(第4審判)

Sebastian Coltescu

「セバスチャン・コルテスク」と発音するのでしょうか?

審判団は全員ルーマニア出身の審判であることが判明しました。

この試合の残りは、主審はオランダ、アシスタントレフリーはオランダとポーランド、ビデオアシスタントレフリーはイタリアとして再開することが決定しています。

残りの試合はどうなる?いつ再開するの?

当初は中断をはさんで同日に再開予定だったが、すでに両チームの選手、スタッフ共にスタジアムを後にする姿が伝えられていた。そしてUEFAは、声明で欧州時間の翌日9日18:55から再開すると発表している。 「今夜行われたCLのPSG対バシャクシェヒル戦は試合中の事件を受け、両クラブと協議の結果、試合の残りを欧州時間18:55から行うことを例外的に決定した」

引用元:ヤフー

一方で「第4審判が変わらない限り、試合は出来ない」と主張していたようで、レフリーを変えて翌9日の18:55分から再開されることになったようです。

第4審判の差別発言に対してネット上の声は?

なるほど、もしかすると差別的な意味は無く発言していたのかも知れませんね。欧州人はバックグラウンドや言語が多様なので、「差別発言」と一方的に決めつける前に、徹底的な検証と冷静な判断が必要とされそうです。