政治・ビジネス

モルカーは電通のステマ案件?3つの疑惑で真相は?『100ワニ』との共通点を検証

モルモットが車になった世界で人気急上昇中で「今期覇権アニメか!?」と話題のストップモーションアニメ『PUI PUIモルカー』。

癒し系の車でくりくりした目と大きな丸いお尻、とことこ走る短い手足が可愛らしいですよね?

見た目のインパクトに加えて、可愛らしい動き、そしてストーリーに深みもあるため人気が出るのも頷けるのですが、あまりに急激な過熱ぶりにネット上では、

「モルカーは電通のステマ案件では?」

という疑惑が浮上しているようです。

Googleの検索窓を見てみても…

モルカーは電通のステマ案件?

やはり電通との関係を疑っている方が多いようですね。

モルカーは本当に電通のステマ案件なのでしょうか?またモルカーが電通案件だと疑われている理由や証拠は何なのでしょうか?

また同じく「電通案件?」と疑われてしまった『100日後に死ぬワニ』との違いはどんなところがあるのでしょうか?

モルカーに電通のステマ案件疑惑が浮上?

ツイッター上の投稿を見ていると「モルカーは電通案件では?」との声がメチャクチャ多いことにちょっとした衝撃が…。

こういうこと言うとキレられそうだけど 「モルカー」って・・・ 「100日ワニ」と似たような臭いを感じるんやけどw 面白くないとは言わないけど 「大人気」という神輿(電通)に担がれてる感じが、ねw

やっぱりモルカーがワニと全く同じ感じするのを皆が感じてたんだな 電通臭しかしないもんな

モルカーの事で思うのは、またワニみたいに電通案件じゃないかって事だなぁ。急に流行りだすと何か裏があるんじゃないかと

ていうかモルカーちょっと浸透しすぎてない? 話題になり始めた頃ってまだ放映1〜2話だったろうに また電通案件か…?

モルカーはなんだかんだ見ているんだが 電通臭がするんだよなぁ・・・ 100日後死にそう

やはりノーマークだった作品がここまで急に流行っていることに対して違和感を感じている方が多いようですね。

しかしながら、同時に「モルカーの背後には電通がいる」という根拠を明確に述べている方がほとんどいないにも関わらず、ここまで「電通だ!」と言われていることにも若干の違和感が…。

モルカーが電通のステマ案件と言われている理由は一体何でしょうか?

モルカーが電通のステマだと疑われている理由は『100日後に死ぬワニ』と似てるから?

ネット上の投稿などを見ていて「モルカーは電通のステマ案件」という声の真相を探ると、『100日後に死ぬワニ』と似ているからと言っている方が多そうです。

『100日後に死ぬワニ』は4コマ漫画だったのに対して、『PUI PUIモルカー』はストップモーションアニメと呼ばれる全く別のジャンルですので、その点では似ていません。

それでは『100日後に死ぬワニ』と『モルカー』の共通点はどんなところが有るのでしょうか?

モルカーが電通案件と疑われる理由その①:開始直後から急激な人気

『PUI PUIモルカー』の放送はテレビ東京系の子供向け番組「きんだーてれび」で2021年1月5日から開始されました。

現在モルカーにどっぷりハマっている方も、放送開始前まではほぼノーマークだったという方が多いのは無いでしょうか?

それが今この記事を書いている2月3日時点で『PUI PUIモルカー』の公式ツイッターのフォロワー数は31万人超となっています。

モルカーが電通案件と疑われる理由その①:開始直後から急激な人気

しかしながら『PUI PUIモルカー』のこれまでの放送における世帯視聴率を調べてみると、火曜日の朝7:30のテレビ東京での放送という事を考慮しても、それほど素晴らしい数字を残しているとは言えない状況です。

  • 2021年1月5日(火) 世帯視聴率 0.1%
  • 2021年1月12日(火) 世帯視聴率 0.4%
  • 2021年1月19日(火) 世帯視聴率 0.3%
  • 2021年1月26日(火) 世帯視聴率 0.4%
  • 2021年2月2日(火) 世帯視聴率 0.4%

にも関わらず、ツイッターのフォロワー数やYouTubeなどの再生回数はえげつない数になっており、何か見えない力で無理やりブームを醸成されているという違和感を感じるのも無理はありません。

『100日後に死ぬワニ』も最初の投稿からたったの6時間で7,000もの「いいね」が付いたことで「これ何か仕組まれている?ステマ?」「裏に電通いるんじゃないの?」と勘ぐった方が多かったようです。

100ワニ,100日後に死ぬワニ,きくちゆうき,作者,電通案件

やっぱりモルカーは電通案件なのでしょうか?

モルカーが電通案件と疑われる理由その②:用意周到な放送チャネルの拡大

モルカーは電通案件と疑われる理由その②:用意周到な放送チャネルの拡大

2月2日から『PUI PUIモルカー』はAmazon Prime Videoの他、dTV、dアニメストア、FODなど25の動画配信サービスで全話を配信することが発表されました。

モルカーは電通案件と疑われる理由その②:用意周到な放送チャネルの拡大

テレビでの放送開始からわずか1か月足らずでの放送チャネルの拡大に「最初から決まってたんじゃないの?」という見方をする方が多いようです。

そう言えば『100日後に死ぬワニ』の時も…

100ワニ,100日後に死ぬワニ,きくちゆうき,作者,電通案件,まとめ,ブーム,捏造,批判,残念,がっかり,ネット上の反応,みんなの意見,仕掛けられた,勘違い,真相,萎える,いきものがかり,グッズ製作,内容,種類,出版社,PR会社,生配信,実体験,展開早すぎる,不自然,書籍化,映画化,販売日,編集制作,小学館,イラストレーター,漫画家,フォロワー,リツイート,いいね,ツイッター,LINEスタンプ,グッズ販売,個人ブログ,ランサーズ,トレンドブログ,ステマ,根本陽平,金儲け,,,,

4コマ漫画だったのでテレビ放送ではありませんが、書籍化や映画化などが次々に発表され、ストーリーを楽しんでいた読者たちが商業利用された気がして興ざめするという出来事がありました。

「用意周到」というポイントで言うと、確かに共通しているかもしれませんね。

モルカーが電通案件と疑われる理由その③:早期タイミングでの店とのコラボ

モルカーはお好み焼きチェーン店の『道頓堀』とコラボを実施しています。

モルカーは電通案件と疑われる理由その③:早期タイミングでの店とのコラボ

お店では『PUI PUIモルカー』とのコラボメニューがオーダーが出来るなど、モルカー好きにはたまらない内容となっています。

当然大繁盛で、お店で写真をSNSに投稿する人が続出。

モルカーは電通案件と疑われる理由その③:早期タイミングでの店とのコラボ
モルカーは電通案件と疑われる理由その③:早期タイミングでの店とのコラボ

しかしながら、これに対してちょっと早くない?という声も。

モルカーがなぜ放映初期からドンピシャタイミングで道頓堀とコラボしてるのか、その経緯が知りたい…道頓堀側から持ちかけたとしか思えないが…なぜなのだ。

やはりこれも電通が用意周到に放送開始前からコラボ企画を仕込んでいたと考えるべきなのでしょうか?

そう言えば『100日後に死ぬワニ』の時も…。

モルカーは電通案件と疑われる理由その③:早期タイミングでの店とのコラボ
モルカーは電通案件と疑われる理由その③:早期タイミングでの店とのコラボ
モルカーは電通案件と疑われる理由その③:早期タイミングでの店とのコラボ

東京の池袋や大阪の日本橋にで『100日後に死ぬワニ』コラボカフェが早々に出現し、これはさすがにずいぶん前から準備してたんじゃないの…?と疑われていました。

やっぱり黒幕は電通なのでしょうか?

モルカーが電通ステマ案件はデマ?疑惑の真相は?

ツイッター上にはこんな冷静なコメントもありました。

モルカーに限らず、少しでも話題になったり流行ったりすると即「電通案件」「ステマに違いない」と邪推しちゃう人がワニ以降増えた気がする ワニというあからさまなステマ疑惑出ちゃう物を叩いて良い気持ちになったから、また新たなターゲット探してるのかな 皆コロナ禍のストレスを発散したいんだな…

確かにモルカーが電通案件か否かの判断は、感情ではなくもう少し冷静に分析する必要がありそうですね。

その①:モルカーが電通ステマ案件にしてはグッズ販売がお粗末すぎる

「モルカーは電通案件だ!」みたいな事喚いてる人居るけど、本当に電通案件だったらグッズの供給間に合ってない時点で失敗じゃんね

確かに仮にモルカーを電通ステマ案件だとしてみた場合にグッズ販売はあまりにもお粗末な気がします。

当初から大人気だったので、グッズを求めるファンは沢山いたのですが、最近になってようやく販売され始めたのがこれらのカンバッジやアクリルキーホルダーなど。

その①:モルカーが電通ステマ案件にしてはグッズ販売がお粗末すぎる

しかも商品の販売サイトを見ていると、全ての商品が売り切れてしまっているのか【2021年3月頃お届け予定】と書いてあります。

その①:モルカーが電通ステマ案件にしてはグッズ販売がお粗末すぎる

お金儲けの得意な電通さんがこんなミスを犯すでしょうか…?

その②:モルカーはテレビアニメ枠なので電通が絡んでも不思議はない

そもそも『100日後に死ぬワニ』と『PUI PUIモルカー』には決定的な違いが有ります。

『100日後に死ぬワニ』は当時それほど有名ではない作者がツイッター上で4コマ漫画を始めたら不思議なぐらい世の中の注目を集めたことに対して電通のステマが疑われました。

その一方で『PUI PUIモルカー監督の里見朝希さんは『マイリトルゴート』では数々の映画祭やアニメ祭で賞を取られていてパペットアニメ期待の若手として注目されている方です。

その②:モルカーはテレビアニメ枠なので電通が絡んでも不思議はない

またはテレビ東京のアニメ放送枠でので、アニメのCM枠の買い切り販売やプロモーションなど、例え電通でなかったとしてもどこかしらの広告代理店が絡んでいない方がむしろ不思議な話です。

ですので、そもそも『PUI PUIモルカー』におけるあらゆるプロモーション活動に関しては「ステマ=ユーザーに広告だと気づかれないように宣伝を行うマーケティング手法の1つ」と疑う事自体がおかしいのかも知れません。

その③:モルカーは電通じゃなくてADK案件?

モルカーを制作しているのはどこの会社なのでしょうか?

その③:モルカーは電通じゃなくてADK案件?

調べてみると

  • シンエイ動画
  • ジャパングリーンハーツ

という2社が制作に関わっているようです。

さらに「シンエイ動画」という会社について詳しく調べてみると、テレビ朝日の100%出資の子会社の様ですが、その主力コンテンツを見てみると…。

その③:モルカーは電通じゃなくてADK案件?
  • ドラえもん
  • クレヨンしんちゃん
  • 藤子不二雄作品

これらの作品に共通することは…広告代理店業界第3位の『ADK(アサツーディ・ケイ)』なんですね。電通ではありません。

広告代理店としては文句なしで日本一の売り上げを誇る電通ですが、アニメの世界ではADKに対して完全に後れを取っています。

「シンエイ動画」もADKとベッタリの企業のようですので、『PUI PUIモルカー』の広告代理店は電通では無くADK(アサツーディ・ケイ)の可能性が非常に高いのではないでしょうか?

制作に関わっているもう一社の「ジャパングリーンハーツ」という会社に関しても調べてみましたが、秋吉顕さんという方が社長を務められていました。

その③:モルカーは電通じゃなくてADK案件?
その③:モルカーは電通じゃなくてADK案件?

経歴等を見ると

福武書店(現ベネッセ)、学習研究社、フリーランスを経て
月刊ソトコトなどで多種な雑誌の編集・ブランディングを行う。
現在は環境・アグリビジネスの新事業・新商品の企画アドバイザー。

という事で、どうやら電通との直接的な繋がりは薄そうに見えます。

やはり『PUI PUIモルカー』はの広告代理店はADKと考えてよいのではないでしょうか?

結局『100日後に死ぬワニ』は電通ステマだったの?

モルカーを電通のステマ案件だと疑っている人の多くは『100日後に死ぬワニ』と同じ匂いが!!と言っている方が多いようですが、『100日後に死ぬワニ』が電通のステマ案件だという証拠は結局何も出てきていません。

本作品の最終話が公開された直後から作者のTwitterで、人気バンド「いきものがかり」とのコラボムービー「生きる」が公開され、書籍化、映画化、関連グッズの販売やイベント開催と、たて続けにビジネス展開が発表されたことで、これだけ大規模なメディアミックスが仕掛けられるのは、そもそもこの作品が大手広告代理店・電通が仕込んだからなのではないかとの指摘が相次いだのだ。

これを受けて、作者は「いきものがかかり」のメンバーと生配信で電通の関与を全否定したものの、当のコラボムービーに電通関連企業の人間が関わっていたことなどから疑惑がくすぶり続け、ついにはSNSで、作者の方が連載前に電通の人間と打ち合わせをしていた、なんてデマまで流れる始末だ。

引用元:ダイアモンドオンライン

ドタバタの結果、みんなの脳裏には「100ワニ=電通ステマ」という印象が残っているのではないでしょうか?

これは個人的な意見ですが、電通ほどの大企業がここまでステマが疑われたにも関わらず認めなかったのは「本当に関わっていなかった」からではないでしょうか?

一部上場企業が取るべきリスク管理として、もし本当にステマに関わっていたのにも関わらず電通がだんまりを決め込んで後から決定的な証拠が出てきてしまうのはリスクが高すぎるため、契約者としての守秘義務等は当然あるでしょうが、その様な経営判断はしないように思われます。

今回の『PUI PUIモルカー』のステマ疑惑に関しては真相はまだ分かりませんが『100日後に死ぬワニ』とは本質的にかなり違うと考えた方が良さそうです。