俳優・女優

画像‖前田航基はデビュー時から顔変わった?2007まえだまえだ~2021現在【総まとめ比較】

お笑いコンビ『まえだまえだ』の兄として史上最年少芸人としてM1グランプリに出場しその名を全国に轟かせた前田航基さん

お笑いコンビとしては解散こそしていないものの2012年頃からは「休業」という状態が続いていますが、ここ数年は俳優として存在感を放っています。

テレビドラマなどで前田航基さんのことを久しぶりに見た方は、

「アレ?まえだまえだのお兄ちゃんってこんな顔だったっけ?可愛いかったのに…」

と感じた方も多いのではないでしょうか?

そんな”激変した”前田航基さんの子役デビュー時から、現在までの顔の変化を比較してみました!

前田航基は子役デビュー時から顔変わった?

前田航基さんはデビュー時から顔がどのように変わってきているのでしょうか?

実は前田航基さんは2004年に『徳川綱吉イヌと呼ばれた男』で子役として活動を開始し、2007年からお笑いコンビ『まえだまえだ』として活躍する傍ら、テレビドラマや映画などにも多数出演しています。

皆さんが知っているお笑い芸人としてデビューした2007年から現在まで顔がどのように変化してきたのか時系列で比較してみましょう!

2007年9歳:お笑いコンビ『まえだまえだ』の兄として芸人デビュー

2007年前田航基9歳:『まえだまえだ』として芸人デビュー

左がお兄ちゃんの前田航基さん、右が弟の前田旺志郎さんです。弟さんも兄の航基さん同様に、現在はタレントとして様々な作品に出演しています。

デビュー当時の貴重な「ネタ」のシーンがありましたのでご覧ください。

小学3年生で『地球温暖化』をネタにするってハンパないですよねw

当時はこの小学生であることを武器にした「ネタの上手さ」そして何と言っても「完璧に息の合った兄弟ならではの掛け合い」という事で色々なメディアに引っ張りだこでしたね。

この年には史上最年少芸人コンビ(厳密には弟の旺志郎)として『M1グランプリ』にも出場し準決勝まで進出しています。

2007年9歳:『まえだまえだ』として芸人デビュー

当時は大阪の小学校に通っており、仕事があるたびに東京に来ていたようですね。

2011年13歳:映画『奇跡』で俳優として演技力に脚光を浴びる

2011年前田航基13歳:映画『奇跡』で俳優として演技力に脚光を浴びる

2013年には是枝裕和監督の作品映画『奇跡』で兄弟そろってダブル主演を果たしその演技力にも注目を浴びました。

2011年前田航基13歳:映画『奇跡』で俳優として演技力に脚光を浴びる

また2012年1月に放送(2011に撮影)されたNHKの大河ドラマ『平清盛』では兎丸の幼少時代を務め、俳優としての地位を確固たるものにしてゆきます。

2011年13歳:映画『奇跡』で俳優として演技力に脚光を浴びる
2011年前田航基13歳:映画『奇跡』で俳優として演技力に脚光を浴びる

この頃までは特に大きな顔の変化は見られず、そのまま大きくなっている印象です。

この頃、お笑いコンビ『まえだまえだ』としては、史上最年少お笑い単独ライブを開催するなど、乗りまくっていた時代と言えそうです。

2011年前田航基13歳:映画『奇跡』で俳優として演技力に脚光を浴びる

2013年15歳:連続テレビドラマ『斉藤さん2』で横に大きくなった?

2013年15歳:連続テレビドラマ『斉藤さん2』で横に大きくなった?

2013年には日本テレビで放送された連続テレビドラマ『齋藤さん2』に出演。

この作品でアレ?これ『まえだまえだ』のお兄ちゃんだよね?横にデカくなってね?

と話題になってしまっていました。

2013年15歳:連続テレビドラマ『斉藤さん2』で横に大きくなった?

確かに…。

この頃、大阪の中学校から東京の台東区の中学校に転校し、活動拠点を東京に移したのもこの頃です。

2015年17歳:『ワイドナショー』優等生コメントで株を爆上げ

2015年前田航基17歳:『ワイドナショー』優等生コメントで株を爆上げ

前田航基さんは2015年~2017年までフジテレビで放送されているワイドショー番組『ワイドナショー』に「ワイドナ高校生」として出演。

2015年前田航基17歳:『ワイドナショー』優等生コメントで株を爆上げ

東野幸治さんからは「声変わりしてしまってるやんか!」とツッコまれていましたが、高校生らしからぬ優等生コメント連発で株を爆上げしました。

ちなみに高校は芸能人御用達の『堀越高校』に通っていました。

2015年17歳:『ワイドナショー』優等生コメントで株を爆上げ

そして体つきも「ワイド」になってきており、ネクタイなんかしちゃうと、もう高校生と言うか、新橋のサラリーマンの様な貫禄が出てきてますね…。

2017年19歳:『さんま御殿』でイジられ倒す

2017年前田航基19歳:『さんま御殿』でイジられ倒す

17歳で『ワイドナショー』に出演していた時は紹介のテロップが「まえだまえだ・兄」だったのに対して、2017年に19歳の時に『さんま御殿』に出演したときは「俳優」として紹介されていますね。

2017年前田航基19歳:『さんま御殿』でイジられ倒す

憧れの番組に出演で緊張していたようですが、さんまさんにいい感じにイジられいいところを引き出されていたようですね。

ちなみにこの頃、『堀越高校』から『日本大学』に進学していますね。

2017年前田航基19歳:『さんま御殿』でイジられ倒す

2021年22歳:『おかえりモネ』で人生2度目の朝ドラ出演

2021年前田航基22歳:『おかえりモネ』で人生2度目の朝ドラ出演

2021年にNHKの連続テレビ小説『おかえりモネ』に出演する前田航基さん。

実は、2010年9月~11年4月に放送された『てっぱん』にも出演していらい人生2度目の朝ドラ。

役柄は、百音の同級生たち。伝統ある寺の息子・後藤三生役という事でどんな演技を見せてくれるのか期待ですね!

前田航基はデビュー時から顔変わった?総まとめで比較

それでは前田航基さんの顔はデビュー当時からどの様に変化してきたのかまとめて見てみましょう!

前田航基の顔の時系列変化

いかがだったでしょうか?

失礼ながらデビュー当時の可愛さは思ったよりも早くに失われていますね(笑)

15歳ぐらいからは突然横に急成長してきてしまった感じがあります。

しかしながら、ここ数年は俳優としても色々な経験を積まれてきたからなのか、少しずつ顔の表情に味が出てきたようにも感じますし、これからきっと役の幅も広がってゆくのではないでしょうか?!

前田航基のプロフィール

前田航基のプロフィール

前田航基のプロフィール

  • 名前:前田航基(まえだ こうき)
  • 生年月日:1998年12月13日
  • 出身地:大阪府吹田市
  • 血液型:O型
  • 身長:160cm(推定)
  • 体重:70kg(推定)
  • 職業:俳優、お笑い芸人
  • 事務所:松竹エンタテインメント

2007年7月に弟の旺志郎と共にお笑いコンビ「まえだまえだ」を結成し、同年史上最年少芸人コンビとしてM1グランプリ出場し準決勝まで進出。

俳優として、映画『奇跡』や、映画『ソロモンの偽証』、NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』、ドラマ『探偵の探偵』 などに出演しています。

これからも前田航基さんの活躍を応援すると共に、顔の変化を見守りたいと思います!